肌が弱いから脱毛方法が限られてしまう

一番キレイに体毛を自己処理できる方法は、剃刀で剃ることだと思うのですが(毛が深く剃れて見た目が良く、ツルツルになる)、肌が弱いので剃刀は刺激が強くて使えません。

使えない事もありませんが十分な見た目に整えるためには週に何度か処理しなくてはならず、そうすると肌が荒れてしまい日常的に使う事が出来ないのです。毛だけでなく皮膚も削がれてしまう印象です。

脱毛のムースなんかもやはり毛だけでなく皮膚が溶けるのでしょうか。皮膚は一時ツルスベになるのですが長期的に使うと肌が荒れてしまい、使い続けることは出来ませんでした。 除毛パッドは使った事はありませんが、やはり摩擦が皮膚に悪そうです。

そこで剃刀やムースほど肌を傷付けない電動シェーバーで対応していますが、やはり深くは剃れないので頻繁にお手入れする必要があり、少々面倒です。 夏場は特に脇のお手入れが欠かせませんが、シェーバーで処理するとなれば毎日処理しなければならずこれもまた面倒です。 使用後簡単に機械を掃除する必要もあります。 また手間自体は大した事はなくても、剃り忘れたらと思うと不安だったりもします。

それとシェーバーでも肌が全く傷付かない訳ではなくて、脇など凹凸があったりお肉が柔らかい部分には気をつけないと刃を押し付け過ぎてヒリヒリしてしまう事があります。 脇は毛の生えている向きが一方向ではないので何度か往復してシェーバーの刃を当てなくてはならず、気をつけていても肌に傷がつきやすいです。 この辺が一番の悩みです。

一頃は力加減がわからず傷付け過ぎてしまったせいか、少し脇が黒ずんでしまった時期もありました。(数年で元通りになりましたが) また、気をつけていても毛の埋没は防げない様です。 特別刃を強く当てていないはずなのに腕やスネの一部に埋没があり、見た目的にそこだけ剃り残している様に見えてしまうのが厄介です。しかも中々剃れる長さに生えてきてくれないのでヘコみます。 深く剃れない割に埋没毛ができるなんて。 悩みは尽きません。

こんな思いを続けたくないので、脱毛に通うことにしました。このサイトに地元倉敷市の脱毛情報がまとめてあるので、参考にしていますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です